2016年06月12日

夏コミは・・・

□毎度ご無沙汰。


すっかり6月ですね。早く冬にならないかなあと思う昨今皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて6月ということで夏コミ当落発表の時期なわけですが、当サークルは・・・残念ながら落選となってしまいました!まあここんとこ結構連続で受かってたので仕方ないですね。ということでコミケはまた冬に向けてってことで。夏は一般参加します。お暇な方遊びましょう。鉄旅組み込もうかな。。

で、今後のサークルイベント参加予定ですが、10/2の名古屋で開かれるボーパラに申し込みました。あと10/30の秋M3にも申し込みましたので、次回関東方面はそのあたりになりかと思います。よろしゅーに。


□声優さんと音楽

さて今回は最近のアニソン、キャラソンなどやそれにまつわる声優さん方の躍進活躍などについての所感。アニメ好きになるとそれにつれ中の人が気になるようになりますね。まあごく自然な流れかと思います。自分もそんなに声フェチでもないし、そこまで気にしてなかったんですが、最近ではやはりこのキャラ=この声とか気になるようになって、声優さんラジオを聴くようになってそのパーソナリティも気になるようになっていつしかそっちの世界にもある程度精通するようになったわけですがまあ皆さんも大体そんな流れなんじゃないかなあと思います。。声優さんは今至る所で注目、特集されてますがタレントに負けじ劣らじの人気職業なわけです。

言うまでもないところで、声優ユニットとして大成してるラブライブのμ'sの方々とかアイマスの方々とか、声優さんでありながらロックバンドとして活躍してるグランロデオとかみなさんも観た事聴いたことあるかと思います。ネット配信番組やらラジオやらアニメに準ずる番組なんかで活躍してる方もいっぱいいらっしゃるし元々関連性の強い演劇なんかで活躍してる方もいらっしゃいます。まあ括りで言えば俳優業という中の声優業、っていう形になるんでしょうけど。。そしてなんといっても歌手活動。アニメにはOPやED、挿入歌やキャラソンと様々な楽曲があるわけですが、そのあたりの曲のボーカルとして声優さんは昔から活躍してるわけです。

こういう流れの基盤となってるのはやっぱり今から10〜20年くらい前のアニメ隆盛の時期、林原さんを筆頭にいろんな声優さんがいろんな方面で活躍してたあたりですかね。時代は今よりも自由度がなく、その分逆に過酷なところも多々あったかと思います。アニメ業界も今よりは狭く認知度も低い業界でしたでしょうし。でも林原さんの歌うアニメのOPは今大人になってる皆さんの心に強く残ってるでしょう。やっぱりアニメのキャラが歌うってのはかなりのインパクトになるわけで。あと、声優の方々はなんといっても声のプロであるので、その歌声も特徴があるし、勿論技量や声量も一般人のそれよりはあるわけで。アニソンと相性がいいのはごく当たり前ってわけですな。

推論というか所感を勝手に書いてるだけなのであれですが、声優さんは今後さらに活躍の場を広げるでしょう。バンドの方とのタイアップやクリエイターとのユニットなんかも今後さらに増えていくような気がします。そういうのがもっと同人やインディーズレベルに浸透していくのも面白いんじゃないかなあと思ってます。まあ今でもそんな活動してる方々いっぱいいらっしゃいますけどね。自分もそんな活動したいなあっていう願望も込めて。。


相変わらずグダグダ書きましたけど要は声優さんは凄いってことです。声優さんリスペクト!
posted by shinjibtd at 12:08| Comment(0) | 日記

2016年05月08日

超会議&超ボーマスお疲れさまでした!+プリンスR.I.P.

□おつでした!

遅くなりましたが超会議内超ボーマスお疲れさまでした!そしてありがとうございました!来てくれた方買ってくれた方聴いてくれた方訪れてくれた方々どうもです!サークル参加の方々一般参加の方々それぞれ色々楽しかったし大変だったことでしょう。。弊サークルは一日目だったんですが、一般参加の列は相当大変だったみたいで、売り子してくれた友人が諸事情で一般のほうに並ぶことになってマジでかなりココロが折れてました。。うちのブースについたの12時回ってたし。。

今回は急遽Taskさんの委託販売もすることになったりして、そちら目当ての方々も着て頂いたりしました。うちのサークルの宣伝力がもう少しあればもっとTaskさんファンに新作をお渡し出来たかも!とか思ったりもしてますがとにもかくにもありがとう。結局taskさんは二日目も別サークルさんのところに居て委託販売してたようです。。

さて、うちの今回のアルバムはまたごった煮的なジャンル様々な感じになってまして、それはそれでいいかなと思ってますが、統一性のあるアルバムのほうが買う方は買いやすいかもというご意見も頂きまして、確かにそうだなあと思ったりしたので次回はちょっとジャンル絞っていこうかなと思ってます。ただどんなジャンルにしようかはまだ思案中。とりあえずまずはいつも通り通年でこのアルバムを宣伝していきますのでよろしゅうに!

ということで次回は夏コミ申し込んでます。受かるかどうかはわかりませんがまたよろしゅうです!あとは秋M3とかボーパラとかにも参加したいなと思ってます!でさらにそのあとの(行けるのであれば)結月さん家にも!


□The Artist Formerly Known As...

さて今年に入って大物アーティストの訃報が続いてますが、ちょっと前にプリンスの訃報もありましたね。皆さん名前くらいは聞いたことあるんじゃないですかね。音楽好きの間では勿論超有名ですね。言うまでもなく世界レベルのビッグアーティスト。自分もジャンルがガッツリ合ってるわけではないので精通とかは全然してないですし一般以下程度の知識量なので失礼の無いようにウィキりつつ。

音楽ジャンルは多岐に渡る、というか独自の音楽センスを持っていて、ベースはロック、ファンク、ソウル、R&Bなどで、ヒップホップやサイケデリックロックなんかも融合した音楽も作る所謂天才肌のお方。ウィキってみたらなんと弱冠19歳で多数レーベルからオファーがあったとか。日本では1999、Purple Rain、バットマンのBatdanceとかが有名ですかね。あと90年代に一時改名してThe Artist Formerly Known As Princeとして活動してた時期があったんですが、このときに出したThe Gold Experience(ジョジョ5部の某主人公のスタンド名はここから!)というアルバムがかなりロック寄りで個人的にはかなり好きです。まあファンク方面からは遠ざかってるのでもともとのプリンスファンの方からするとあれかもですが。。ちなみにK1のタイトル曲のEndorphin Machineもこのアルバムに入ってます。

その後はワーナーブラザーズから離れてまたプリンスに戻って、役者業やらプロデュース業もこなしていろんな賞を受賞していったりしてビッグアーティストとしての貫禄がどんどんとついていきまして、ずっと第一線で活躍していたイメージがあります。そんな中の訃報でしたので誰もが驚きを隠せなかったでしょう。急逝とドラッグの関連性なんかもまた色々言われてますがそこはとりあえず置いておいて。

R.I.P. Prince Rogers Nelson.


そうそうプリンスって本名なんですよね。
posted by shinjibtd at 01:16| Comment(0) | 日記

2016年04月24日

超ボーマス!超会議!

□宣伝するぜ!

ご無沙汰してます!かなりご無沙汰です!しゃーなしなのです!何せ色々あったから(主に曲作り)!で、なんとか形になったこの数か月の血と汗と涙の結晶みたいな感じのCDが出来ました!

ということでCMしまする。



今回は特に新しいDAWになってソフトシンセの音が色々増えたのでそういうので結構遊んでます!。。アルバムの内容は・・打ち込み中心!でも3曲目の隣のred flower girlはロキノンというかボカロック風味!珍しく歌詞から思い浮かんだので超早口です!歌えるものなら歌ってみろください!あと5曲目と8曲目はコンセプト依頼曲!なので自分にしては珍しく明るいテーマの曲!あとは大体中二病!

という感じです。きちんと業者さんが仕上げつつ納期守ってくれればこの新譜持参出来ると思いますのでよろしゅーに!


□同人音楽の立ち位置

さてせっかくの更新なのでまたへろへろコラムもどきみたいなのを。今回は同人音楽についてです。正直なところ自分は同人っていうものの定義とかそういうのをあまり考えずに、ただ単純に創ったものを形にしてそういう素人が創ったものを売ったり買ったりできるイベントを教えてもらって参加してみて、それでずっと惰性的に継続してそういう活動をやらせてもらってる感じです。なので同人音楽が何かってあんまり考えたことがありません。でも最近は特に同人界隈がかなり権力を持ってきたというか、ふわっとしていた業界がだんだん巨大になってきて、そこに大きな金額のお金が動くようになっていろんな人やモノが集まってきたりして、今ではコミケとか巨大なイベントは日本でも有数の巨大イベントになって、海外でも浸透してきたりしてます。まあこのあたりは周知というか言わずもがななとこですけど。そういうところにたまたま居る身としては何となく嬉しかったりもするんですが、一応立ち位置くらいは考えた方がいいのかなと思ったりもするのです。

プロでもないけどお金を出して創作物を購入する。需要があって供給があってオリジナリティがあって、そうなると権利も当然発生したりする。義務も発生する。こういう面は前回の超会議で同人音楽の権利みたいな講義をやっていてほんわり聴いてたんですが、これからもう少し創作物に対しての保護的な動きが出るべきだし、出てくるだろうみたいなことだった気がします。同人=素人からどんどん活動が活発していってセミプロ、プロになっていく人もいます。今はそういう流れが出来かかってる黎明期かもしれませんね。まあこの流れから発展するのかそうではなくなっていくのかわかりませんが。。ともかく同人創作物はふわっとしたものから段々しっかりとした形骸が出来ていく、そんな流れにだんだんなっていくのでしょう。

今の同人音楽ってボカロやらインディーズバンドやらDJさんやら様々な方面の音楽の方が集まってます。そういう人たちは同人音楽を礎にプロを目指したりしてるわけです。昔からこういう活動はアンダーグラウンドで、今ビッグになってるプロの音楽家の方も出発点はほとんどそういった活動からだと思います。いわゆるベース、土壌みたいな活動ですね。今の同人音楽も音楽業界全体からみたらそういう土壌的な位置にある気がします。まあ当たり前っちゃあ当たり前ですが、何せ創作ってとにかく境界線がしっかりしているものでもないので文言にしにくいし、自分みたいに意識も薄い人が多いんじゃないかと思います。そんなこんなで敢えてちょっと改めてテーマにしてみようかなと思って書いてみました。でもなんか堂々巡りでどうでもいい感じの文章になっちゃいましたな。。

ともかく注目は高まっている同人音楽業界!巨大化する業界の中で重要なのは楽しんでやる!そして継続!あとはちゃんと活動意識持つこと!じゃないですかね!



posted by shinjibtd at 21:53| Comment(0) | 日記