2015年10月18日

ボーカルのエフェクトと重ね具合。

□難しい話はわからないけど。

ボカロPの作曲工程の一環としてボーカルパートの作成があります。まあボカロなんだから当たり前なんだけども。。パートを作ったら調教作業があります。ここが結構重要な作業なんですね。ボカロエディタでかなり神調教しちゃう人もいるんですが、相当大変な作業かつセンスもいるのです。まあ最近はボカロ自体進化してるのである程度ほっといてもいい感じに歌ってくれますが。で、大体みなさんある程度ナチュラルに聞こえるところまで調教したら、あとは外部エフェクトで曲とマッチするエフェクトかけてミックスするんじゃないかなと思います。

正直、このあたり詳しい話はわからないんですが、最近のエフェクターは優秀だし、プリセットでも十分使えるようなものばかりなんじゃないかと思います。個人的にはダイナミクス系のエフェクトでぼやかしたりするのが好きですが、例えば歪み系を使ったりして敢えて面白くしたり、テクノ打ち込み系だとオートチューンでケロケロさせたりしてますね。ボカロのいいところというか、ボカロは人間ボーカルと違って思いっきりエフェクトかけてサンプリング的な使い方しても全然構わないあたりがちょっと面白いな、なんて思ったりしてます。実際そこまで作りこんでないのであれですけど。。とにかくいろんなエフェクトかけると面白いのです。。皆さんもボカロで遊ぶ機会あればぜひ色々やってみてください。あとボカロPの人は自分にレクチャーしてください。。

□声を重ねる

ちょっと前から思ってることなんですが、ボーカルを色々編集するようになったのっていつ頃からなんだろう。この辺詳しくわかんないんでまた時間あるときにしっかりググってみたいと思いますが、古いところだと、ジョンレノンのアルバムなんかは結構空間系のエフェクト強めにかけてますよね。ロカビリーなボーカルは昔からリバーブディレイ強めなイメージですがそういう流れなのかな。

で、80年代90年代になるとポップな音楽にはコーラスパートが上下にいっぱいひっついてくるようになりますね。同じ人の声を重ねるって当時はなかなか斬新な発想だったと思うんだけどどうなんだろう。テクノな音楽がポップに台頭してきたからなのか、そういう技術が進化してきたからなのか、今ではポップな音楽には当然のようにバックにガッツリと上下3度とか4度のコーラスが入ってますね。それぞれきちんと録ってるのかどうかはわからないですが、ボーカルキャンセルした音源を聴いてみるとよくわかるかと思います。

□最近の音楽は。

そんなこんなで進化の時代を経たDAWな現代は、そういったエフェクト+声を重ねるってのをさらに楽曲全体のエッセンスにしているというか、ボーカルも楽器の一つとして、エフェクトをかけ、パートを増やして、ミックスしてるわけです。まあやりすぎるとライブとかどうするの?って問題が出てきますが、今はライブでも機材通せばかなりいろんなこと出来るし、実際録音したボーカルパートを小さめに重ねて流すだけで補正コーラス効果とか、最近のアイドル系のライブだとよくやってるんじゃないかなと。

ロックな音楽もSUM41とかのコアパンク系あたりの流れから最近はコーラス強めにかける風潮がある気がします。まあギターとかのミックスも最近はハードかつ低音をうまい具合に抑えたEQとかしてるので、それにこういったエフェクトかけたボーカルがうまいこと合わせられるんだろうなあと勝手に思ってます。。で、さらに昨今ではピコリーモ系の音楽とかシンセをプラスしたロックも流行ってるので、オートチューンされた声も入ってきたりしてます。まあエフェクトかけすぎるのは昔から好き嫌いの別れるところではありますが、テクノシーンやボカロ文化も台頭してきている時代ですし、こういうあたりを気にして音楽を聴いてみるのも面白いんじゃないかなと。

最後に、こういうエフェクトや重ねがよくわかる前期やってたアニメ、オーバーロードのOP「Clattanoia」のご紹介。オーイシマサヨシ作曲、Tom-H@ck編曲のまさにピコリーモ系な曲です。ハードでノリもいいけど聴き易さもある造り、さすがセンスありますな。。全体にオートチューン強め、3度上(たまに下)のコーラスが結構強めに入ってますね。Aメロはオクターブ上のコーラス、Bメロはオクターブ下のコーラスを強調することで、パートごとの輪郭をはっきりさせてるあたりがそれぞれのロックが感出ていてまた上手いなあと思います。ご興味ある方はぜひご一聴を!
posted by shinjibtd at 13:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: