2015年08月30日

パクリと芸術と。

□話題のやーつ。

今はもう収束しつつありますが、一週間前くらいまで話題になってたデザインロゴのやーつ。皆様この問題どう思われました?一般的な見解だとちょっと似すぎてるし、なんかもういろいろネタも上がってきてるし佐野氏の他の作品もいろいろ酷似してるしもうだめでしょ、ってとこですかね。個人的にもまああとは意図してるかどうかってところかなあとは思います。難しいのは証明、立証が中々できない分野であることですね。

正直、絵画とかの分野はド素人だし、その世界の知識とかも皆無なので素人的無責任であるということ前提に書かせてもらいますが、こういう分野や世界の人はまた一般的見解とは違う意見を持ってるんじゃないかなと思うのです。どんな世界でもそうですが、そこならではのルールやしきたり、常識があるわけで、そこからなぞっていくと一般的な見解とは違う意見が出てきます。つまりこの問題で言えば「パクリパクリって言うけどどこからがパクリでそうじゃないのか、素人には解らないだろうし、この世界でそんなこと言い出したらキリがないんだよ」みたいな意見がそこにはあるんじゃないかなと憶測してしまうわけです。


□創作とルーツ

なんでそんなこと思うかっていうと、自分もへっぽこながら音楽作ってる身として、何か作り上げる際には必ず基となる、ルーツ的なものがあって、それが意識的、無意識的にその人の中で消化、ミックスされて新たなものが生まれる、っていう持論があるからです。なんの変哲もないオリジナル鼻歌にもその人の感性があって、その感性はやっぱり環境によって培われるものです。無から有を生み出すのが芸術、みたいな言い方よくされますが、どんな天才でも育った環境が存在する以上、何かに影響されているのは間違いない、という考え方です。

で、あとはそのルーツの色がどのくらい濃く出るか、ってところだと思うのです。創作に慣れていないと、よく自分の好きなアーティストに似たものがまず出来てくると思います。次第に慣れてくると、そこからの創意工夫、新たな考えや環境によってオリジナリティが伸びてくるのかなあと。そういう流れの中で、〜に近い、とか〜と〜を混ぜた感じってのは勿論受動側は感じるわけで、中にはそういう意見を嫌う作り手もいますが、個人的には自然なことだし、意見の一つと受け取ればと思うわけです。作り方やものによっては敢えてルーツに似せたり、逆に受動側が評価さえすれば、それがどういう経緯のものでもそれは人気作品であることに間違いないのです。

□で、結局どうなの。

で、そういう視点からこの問題を視るとってとこですが、確かに佐野氏作品は類似的なものが多いみたいだしやっぱり本人がどういうつもりで創ったかってところになるんじゃないかなと。まあ正直この問題の行方とかには個人的にさほど興味はないし、別にどっち方向に転んでも、とは思うんです。ただ、芸術のパクリ問題って大なり小なりいろんなところで出てくるし、今後もたぶん出てくるだろうけど、一概に「パクリ最悪」ってだけで片付けて欲しくないなって思うのです。もちろん擁護側にまわるつもりは全然ないですし、あくまでフラットな目線で居たいとは思ってますが。。まずそこに悪の意識があるかないか、あとは結果的な影響力とか考慮するべきですかね。まあそこにはプロである責任とかそういうものがついてきて云々かんぬん。


あ、そうだもっかい拙作ここにあげます!完成版!コメントよろしーく。

posted by shinjibtd at 21:21| Comment(0) | 日記

2015年08月24日

コミケお疲れ様でした!

□コミックマーケット!

どうもです!皆様コミケ乙でした!自分は一般参加で、1日目、3日目行ってきました。天候にも恵まれてというか暑かったっすね!。。今回自分はコミケ初参加の友人と参加したので、色々といつもと勝手が違いましたが当人も楽しめていたようで何よりです。(三日目は体力の限界のためレストランで休ませておきつつ自分だけで行動してた。。)

とりあえず一日目は東方音楽、三日目は西のいつものあたり+企業に行ってきました。上記のような都合もあったのでご挨拶出来なかったり伺えなかったりしたサークルさんもありましたが、また今後のイベントでお会いできればと思います!

で、冬コミ申し込み表明をずっとしてたわけで、申し込み書買ってきたんですが、オンライン締切今日までなんですな!っていうかさっき終わった。。昔よりだいぶましになったとはいえ結構すぐ締め切り来ちゃうのでみなさんご注意。。まあ受かるかどうか別にしてまた曲作りしていければなと思います。


□シングルカット!

さて、前々から言ってた前のアルバムのシングルカットがようやく出来ました!が、実を言うと頭のところが欠けてしまってるのでそのうちまた挙げなおしますごめんなさい。。とりあえずそこ以外は普通に聴けると思いますのでよければ聴いてもらえると幸いです!曲はともあれ絵の可愛さとこだわりの文字の動きに注目!




posted by shinjibtd at 21:55| Comment(0) | 日記

2015年08月09日

最近の楽曲はレベルが高い!

□最近の楽曲って・・・

マジレベル高いっす!つくづくそう思います。と、唐突ですが今日はそういうお題です。レベルが高いって大雑把な言い方ですが、例えばメロディラインが複雑だったり、構成が複雑だったり、ハイレベルな演奏が要求されたり、つまりはそういう事です。特に自分の好きなコッチ側(アニソン、ボカロ系やロックテクノ等)は、いわゆる一般Jポップとは違って売れることや万人受けってことに重きを置いていないことが多くて、作り手の芸術性が逆に注目される方向なわけです。万人受けって耳に残りやすい=シンプルで印象的なものっていう事が多い(特に最近)気がします。一方コッチ側の楽曲にも勿論ジャンルによっては売れ筋な曲、流行があるんですが、楽曲がシンプルで流行ってるってものはむしろ少ない感じです。それぞれの特色を出して、その上で聴き手にフィットした楽曲が売れている感じです。勿論楽曲に良し悪しはないので、シンプルなのがダメで複雑な楽曲が高尚ってことではないですが。構成自体の話なのでそういう話じゃなく。。

□楽曲の変遷

変遷とか書きましたが、別に音楽の歴史やジャンルを語れるほど全然詳しいわけじゃなく、むしろ浅学ながらほざいてる的なやつです。。どこから始めればいいのかわかりませんが、昔の曲ってシンプルでしたよね。ルーツもいろいろだし敢えてどの曲、どの時代とは責任持てませんし言いませんが。。例えばバンド形式の曲もベースはルート音の連打、ギターもコードとリフの繰り返し、ドラムも8ビートベースで、鍵盤はアルペジオ。楽曲の構成もABサビ×2、ギターソロでオーラスという王道展開。勿論今もそこはベースとなってますが、今はベースもかなり動きが激しく、ドラムもオカズ的なものがしょっちゅうあったり、リズムも複雑、金物やタム回しもいっぱい。ギターはまあ昔からソロがあったりメイン楽器なのですが、そういう後ろの部分もかなり複雑になってたりします。曲構成も例えばABCサビDソロEとか、かなり複雑な造り、サビも2パートに分かれてたりとにかく難しい。メインメロディも複雑だし高音だし、最近はラップ、グロウル、クリーン他英詩やとにかく難しい。それでいてちゃんと聴きやすさ、聴かせどころはあって、のれるところはちゃんとのれる。かっこいいキメの部分もある。そういう楽曲が今は当然のようにそこらじゅうにあるのです。

たぶん打ち込みとか、電子機器の発達も一つの要因じゃないかなと思います。それによってインスピレーションがかなり自由になって、ジャンルの壁を越えたり、作り手の発想を広げてくれてる気がします。あとはネットの普及によって情報がいっぱい入ってくるようになってから、加速度的にそういった進化が起こったように感じてます。先述したように、それによっていろんな曲が創られるようになりましたが、別に楽曲の良し悪しがどうのこうのではありません。昔の曲にもいい曲はいっぱいあるし、個人的にはどの時代にも好きな曲がいっぱいありますし。


そんなこんなでいつもどおりあんまり纏まってないですが、昔は良かったけど今の楽曲はよくわからん、っていうそこの貴方!(たぶん20代後半以上。。)一度だまされたと思って今の楽曲いろいろ聴いてみてください。ヒットチャートには出てこないかもですが、面白い楽曲がそこらじゅうにありますので。
posted by shinjibtd at 21:24| Comment(0) | 日記